トップページ | 2009 萩往還140キロ 5 »

第14回 四万十川ウルトラマラソン

今年で3年連続出場となる四万十100キロウルトラマラソン!

一昨年は、13時間50分でギリギリ完走・・・(制限時間14時間)^^;

昨年は、12時間54分でまぁまぁ余裕の完走。
(前半ペース抑えすぎて、ラスト20キロはダッシュしたくらい。)

で、今年は・・・1時間のタイム短縮、11時間台を狙っての出場~。

既に四万十以外にも、隠岐の島(6月)、京丹後(9月)にも出場しているので、足もいい具合に出来上がってる。

隠岐は椎間板ヘルニア(ヘルニア奮闘記はいつの日か記事に・・)直後、京丹後は体調崩してフラフラだったが、今回はベストな体調で臨めたと思います。

スタート地点

Photo

さて、大会当日の朝は3時に起床し、会場へは4時30分に到着。で、恒例のトイレ待ち30分(1400人も居るからねぇ・・・)の戦いも終え、スタート地点へ。

いつもは後方からのんびりスタートするのですが、今回は集団半ばでスタート。

まぁ、どうせ最初は団子状態なので、スタート位置なんて大して関係ないんやけどね~。気持ちの問題?^^;

~10キロ地点 (タイム1:00:29)

最初2,3キロは集団でゆっくり7分/キロペースで移動。すぐにゆる~やかな登り坂になり、5キロくらいからキロ5分台後半で走った。体はかなり軽い。気温も半袖でもちょうどいいくらいの暖かさ。


~30キロ地点
 (タイム2:58:48)

18キロくらいから勾配がきつくなってきた。どうにか7分/キロを超えないように頑張った。

22キロ地点の峠を越えると、延々と下り坂が続く。足のダメージを気にしつつ、得意な下りでペースアップ。

下りって、ブレーキ掛けながら下るより、腕を振って攻めた方が足のダメージが少ない気がする。(偶然にも最近読んだ雑誌でも、そのようなことが書いてあった)


~50キロ地点 
(タイム4:59:42)

どうにか平均ペース6分/キロを切った。エイド等で立ち止まった時間も考えると、実際のペースは5分40秒/キロくらいだろうか。

このペースで走りきれば、サブ10も夢じゃない!?

・・・いやいや、後半でペースダウンするのは明らかだし、50キロを4時間くらいで通過しないと、サブ10は無理なんだろうなぁ^^;

しかし、このあたりでペースアップしていくランナー達は、きっとサブ10狙いの人達なんだろう・・・50キロ地点からペースアップできるなんて、心から尊敬します。


~70キロ地点
 
(7:32:18)

予想どうり、がっつりペースが落ちました^^; 
やっぱ50キロ~70キロあたりが精神的にも一番キツイ。50キロ半ばで、足にドッと疲れがきてペースが落ちたが、なるべくペースを落とさず粘っていたら60キロ手前くらいで不思議と回復。 
以前なら、ここで歩いていただろうなぁ・・・成長したもんだ、肉体的にも精神的にも。

レストステーションが62キロ付近であったが、今回は15分の休憩で出発。
おにぎり2個食べただけ。来年は休憩は5分以内に留めたい。(レストを走り過ぎる勇気はまだ無い^^;)


~90キロ
 (10:11:21)

はい!予想どうりのペースダウン!!
長距離の走りこみ不足を痛感。足の表面の筋肉は全然平気なんですが、足の芯にきている感じ。
体幹ランニングのフォームが身に付いてきて足のダメージはかなり軽減したものの、練習不足はどうしようもない・・・。

腕を振って、若干前傾姿勢気味にすると楽になったので、80キロ後半では何とか回復。

しかし・・・この時点で10時間は超えている・・・サブ10は遠いなぁ。

あ!!目標は11時間台での完走なのに、途中から欲が出て無謀にも「サブ10」なんぞを狙っていたのは内緒・・・。


~ゴール
(11:30:35)

11時間台で走れるのは確実だったので、なんとか11時間台前半で戻ろうと思って走った。ちょっと超えたけど・・・まぁ、よしとしよう。

今回初めて、完走目的ではなくタイムを意識して走った。
前半は、サブ10ランナー達ともご一緒出来たし、練習にも新たな目標が出来て、走るのがさらに楽しくなりました~~!

来年こそは、絶対サブ10狙うぞぉ~!!

トップページ | 2009 萩往還140キロ 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527327/43026596

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回 四万十川ウルトラマラソン:

トップページ | 2009 萩往還140キロ 5 »