« 2011 萩往還250キロ 13 | トップページ | 隠岐の島100キロ »

えびすだいこく100キロ

美保神社(えびす)から出雲大社(だいこく)までの100キロを走る・・・えびす・だいこくマラソン。

Ebi

この大会の特徴は、「個人の部」の他に「団体の部」があることだ。

個人の部とは、もちろん1人で100キロを走るというもの。

団体の部は、2~5人がチームを組んでタスキを繋ぐ。
ランナー交代は何処で行ってもよく、それぞれの走る距離や区間に制限はないというユニークなものだ。

もちろん僕は個人の部に出場。

今年で3年連続3回目の出場になるが、この大会は「萩往還マラニック」から3週間チョットしか間がないため、調整が非常に難しい。

一昨年は、萩往還140キロに参加したが、その後それほどダメージもなく、10時間台でゴール出来た。

が、昨年は萩往還250キロに初挑戦し、なんとか完走したものの、その後はダメージのせいでほとんど練習が出来ない状態での、えびす・だいこく100キロ参戦だった。

結果は散々で、レース後半になると、食料はおろか水分も取れないような状態になり、80キロ以降はもうフラフラ状態・・・でなんとか完走できたが、タイムは11時間を超えてしまった。

今年も萩往還250キロに出場したが、そのダメージは殆どなく、調整もうまくいっているように思う。

こうなれば、もちろん目指すは、「サブ10(10時間以内での完走)」だ。

あわよくば9時間半を切りたいが・・・まぁ、走れるだけ走ってみよう。

 

【スタート】

台風の影響か、朝からあいにくの雨模様。

スタートの際、合羽代わりにゴミ袋を頭から被っていたが、結局75キロ地点までずっと手放すことは出来なかった。

早朝5時半にスタート。

雨は強いが、風はそこまで冷たくなく、袋を被っているとチョット暑いくらい。

スタートして程なく、知り合いのN藤君を発見。

目標タイム等を話しながらチョットだけ併走し、すぐにそれぞれのペースで進んだ。

境港の湾沿いの道から北上し、緩やかな峠を越え、日本海側へ抜ける。


【10km地点】
通過タイム 0:54:51

ここから日本海沿いにアップダウンを走る。

平坦な道なんて殆どない。

スタート前は、前半に飛ばして9時間半を目指すべく貯金を作ろうなんて考えていたが、このアップダウンでは、貯金どころか、キロ6分アベレージを死守するのが精一杯。

【40km地点】 通過タイム 3:56:00

とにかくアップダウンが多い・・・が、まだまだ足は元気。

やはり、萩往還後の調整がうまくいったみたい。

ガス欠にならないように、エイドステーション毎に、バナナやおにぎりを頂き、口いっぱいに頬張りながら走った。

食欲があるのは調子のいい証拠だ。

途中、時間差でスタートした団体の部のランナーが、すごいスピードで追い抜いていく。
なんとまぁ、力強い走りだ。
きっとキロ4分前後のスピードは出ていると思う。

サブ10狙いの僕は、GPSウォッチとにらめっこしつつ、平地ではキロ5分半を切らないようマイペースで走る。

【50km地点】 通過タイム 4:43:00

50キロ手前の片句の山越えで、かなり消耗してしまった。

これでもかというくらい、アップダウンが続く。
しかも、一つ一つの坂の勾配がきつく、距離以上に足へのダメージが大きい。

登りでスピードダウンする分、下りでスピードアップし時間を取り戻したいが、重力のまま体重を掛けると両足首の内側に激痛が走り、思い切ってスピードを上げることが出来ない。

が、平地になると痛みは引いてくるので、怪我はしていないようだ。

あと少しで55キロ地点の大エイド(鹿島エイド)というところで、何故だか突然身体が重くなり、スピードが出せなくなった。

GPSウォッチを見ると、平地にも関わらずペースはキロ6分を超えてしまっている。

エネルギー切れだろうか・・・このまま後半失速してしまうと昨年と同じ結果になってしまう。

1


デッドポイント、ここが踏ん張りどころだ・・・歯を食いしばり、前へ進む。

2


ようやく55キロ地点の大エイドに到着。
調子がよければ、エイドはスルーしようと思っていたが、エネルギー補給のため立ち寄ることにした。

預けていた荷物からエネルギーゼリーと缶コーヒーを取り出し、ガソリンを注入するかのごとく胃の中に一気に流し込んだ。

一瞬 「オェッ・・・」ってなったが、すぐに治った。
今年は、「鉄の胃袋」は健在なようだ。(笑)

さらに、エイドでおにぎりを一つ頂き、再び雨の中を走り出した。

ちょっと休憩しただけで震えるほど寒くなったが、走り出すとすぐに体は温まってきた。

【60km地点】

最後の難関が、65キロ地点に待ち構えていた。

「65キロ付近にキツイ登りがある」

とは分かっていたが・・・こんなにきつかったっけか?

登っても登っても、峠が見えてこない。

タスキを掛けた団体の部のランナーも、ぜ~ぜ~言いながら坂を歩いている。

それにしても、リレーでこの区間を担当するなんて・・・・ジャンケンかくじ引きかで負けたんだろうか(笑)

ようやく峠を迎え、今度は延々と下り坂。

足首の痛みは少しマシになっていたので、スピードを上げて坂を下った。

【70km地点】 通過タイム 6:55:04

スタートから70キロ地点までのアップダウンが連続する区間を、なんとかサブ10ペースで乗り切ることが出来た。

ここからゴールまで、オールフラット。

キロ6分のペースが維持できれば、10時間は切れる計算だ。

雨が止み、少し暑くなってきたので、スタートからずっと着ていた合羽(ゴミ袋だけど^^;)を破り脱いだ。

75キロ地点の「津ノ森エイド」で美味しいシジミ汁を頂き、宍道湖沿いを西へ向かって走る。

風が出てきて、少し寒くなってきた。
合羽(ゴミ袋・・・)を捨てた事をチョット後悔する。

5分40秒/キロ前後のペースを維持しながら走っていると、後ろから

「ゆずぽんさん!?」

と声を掛けられた。

「え?!あ・・・こんにちは!!」

と、HNを呼ばれ一瞬驚いたが、ランナーのコミュニティサイトのラン友が、「団体の部」に参加すると聞いていたので、初対面だがすぐに分かった。

「この先アップダウンはありますか?」

と聞かれ、

「いえ、ゴールまでオールフラットですよ!」

と答えると

「では、飛ばしていきます!」

と颯爽と走っていった。

後を追いかけるのはさすがに無理そうなので、マイペースで進む。

【80km地点】 通過タイム 7:53:35

ペースは落ちていない。
このペースだとサブ10は確実だろう。

さすがに9時間半は無理でも、頑張れば9時間45分は切れるんじゃないか。

ここで、目標を「9時間45分」に再設定し、ペースを上げる。

80キロを超えてのペースアップは正直地獄の苦しみだが、「9時間45分」という前向きな目標を見据えてのペースアップのためか、身体はめちゃめちゃ苦しくても、精神的には全く苦しくない。(って、どっちやねん^^;)

上手く信号をかわしながら平田の街を抜け、出雲に向かう道に出た。

ここは普段ロングの練習で走り慣れた道。

歩道の凹凸まで知っているほど。

ゴールまで、あとどれほど走らなければならないかがハッキリ分かっているので、精神的にはとても辛いが、ギリギリのペース配分をすることが出来る。

あと20キロ、ここからは体力以上に、気力の勝負。

【90km地点】 通過タイム 8:51:27

80キロ台の10キロを58分で走った。

残り10キロを54分以内で走れば、9時間45分を切ることができる。

今の脚にはキツイペースだが、決して不可能ではないはず・・・。

いや、これはもう突っ走るしかない!!

「根性出せ!!負けんな!!」

と、さらにペースアップ。

ペースアップ直後、ランナーズハイのスイッチが入ったのか、足の痛みがスっと消え、息も楽になった・・・が、すぐに痛みがぶり返してくる。

さすがにこのペースでは身体への負荷が高すぎるのだろうか、脳内麻薬エンドルフィンも効かないらしい・・・。

最後のエイドで、80キロ地点辺りからずっと僕の前を走っていた小柄な女性ランナーに追いついた。

水を飲みながら、

「もうすぐゴールですね!」

と声を掛ける。

「いや~、ホンマ疲れたわぁ~~。でも、あとちょっと頑張らな!!」

と、笑顔が返ってきた。

何という余裕。
(実はこのランナーさん、女性2位でゴールしていた!)

「では!お先です!」

と、先にエイドを出発する。

明らかにオーバーペースなのだろう、身体に熱がこもって頭がぼ~っとしてきた。

息が苦しい・・・足が痛い・・・。

だが、萩往還250キロでゴールまで100キロ以上あるのに足が痛くて走れなくなった、あの「絶望感」に比べたら、この苦しみなんてほんの一瞬のはず。

そう言い聞かせ、ペースをさらに上げた。

個人の部のランナーだけでなく、タスキを掛けたランナーをもドンドン抜いていく。

ワイン館を越えた。 ゴールまで、あと2キロ。

腕時計を見るのも大儀になってきた。

出雲大社前の坂が見える。

あと1キロ。

坂を駆け上がり、鳥居前を左折し坂を駆け下る。

誘導員の指示に従い右折すると、ゴールテープが見えてきた。

沿道の声援に手を振りながらも、最後までスピードを落とさずテープを切った。

腕時計を見た。

・・・9時間44分21秒・・・

昨年秋の四万十川100キロに引き続き、2回目のサブ10達成!!

【ゴール後】

僕がゴールしたすぐ後に、先ほどの女性ランナーもゴール(個人女子2位)してきた。
なんと、あの決死のペースアップに後ろからしっかり着いてきていたのだ。

「お疲れ様でした!」

と声を掛けると

「ありがとうございました!」

と返事が返ってきた。

「では、またどこかで~。」

と、ゴール会場を後にした。

« 2011 萩往還250キロ 13 | トップページ | 隠岐の島100キロ »

コメント

こんばんわ!!ゆずぽんさんhappy02

えびす・だいこくお疲れ様でしたo(_ _)oペコッ
サブ10おめでとう御座いますonezero

サブ10祝いしなきゃ(笑)

>manamanaさん

お疲れ様でした~。

アップダウンで無理したせいか、足を少し痛めてしまいました(^_^;)

次はえびだい100キロを肴に飲みに行きますか!(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011 萩往還250キロ 13 | トップページ | 隠岐の島100キロ »