« 第2回美作・後山24時間リレーマラソン(個人の部) | トップページ | 2014 萩往還マラニック 250㎞ 0 »

第6回 三木総合防災公園24時間マラソン

7月の「美作・後山24時間マラソン」に引き続き、2回目の24時間マラソン。

前回24時間走ったときは、あまりの苦痛さに

「もう絶対24時間マラソンなんて出えへんぞ~!!」

と思っていたが、走り終わって1週間もしないうちに、今回のレースに申し込んでいた(笑)

再チャレンジの理由として、「あの順位争いの駆け引きの楽しさを味わい」というのもあるが、やはり5位という順位への満足感より、目標の距離(180㎞)を踏めなかった悔しさが残っているからだと思う。

「前回のあのクロカンのようなコースで160㎞弱走れたのだから、フラットなコースなら目標の180㎞は行けるはず!」

そう信じて、今回のレースも目標を180㎞に設定し臨むことにした。

【レース前】

9時過ぎに駐車場に到着し、競技場に入り受付を済ませる。

つい先日までの涼しさは何処へやら、カンカン照りでメチャメチャ暑い・・・。
なんとなく嫌な予感(笑)

Torakku

今回のコースは、この競技場を周回の起点とし、ぐる~っと公園内を走って戻ってくるというもの。

Kosu

アップダウンはそれほど無さそうに見えるがどうなんだろう。
日光を遮る木陰は無いように思える。

スタート地点近くに選手の控室があるということで入ってみると、既に参加ランナー達が場所取りをしているようで、たくさんの荷物やシートが置かれていた。
大掛かりに場所取りをしているのは、多分リレーのチームの人達だろう。

慌てて荷物を取りに車に戻り、隅っこの空きスペースに荷物を置く。

寝転ぶスペースはないが、休憩するつもりはないので問題無いハズ。(と、この時は思っていた)

再び車に戻り、少しでも仮眠を取ろうと思ったが、全く眠ることは出来なかった。

11時からの競技説明に参加するため再び競技場に戻ると、控室で前回の美作24時間で知り合ったOさんと再会。

そのまま一緒に競技説明会に参加した。

競技場のトラックに座り競技説明を聞いていたが、直射日光がジリジリと肌に突き刺さり暑い・・・というか痛いくらい(笑)

が、空気はカラッとしていて、ジワジワ汗が出てくるようなことはなかった。

【スタート】

12時ジャストにスタート。

個人の部(3時間、6時間、24時間)リレーの部(3時間、6時間、24時間)と一斉スタートなので、かなり賑やかなスタートとなった。

球技場を3/4周し外に出ると、左手にエイドがあったが、反対走路にあるので復路でしか寄れないようだ。

軽く坂を登っていると、Oさんが追い付いてきてご一緒することに。

すぐに軽い下り坂になり、ペースを上げて進む。

200mくらい下ると、そこからジワジワと登り坂。
といっても、大した勾配ではないのでペースは落とさず登る。

坂を登りきり、芝生の公園内を進み、再び競技場入り口へ。
ここでエイドに寄れるので、水を1杯頂いた。

競技場に入り反時計回りに1/4周すると、スタート地点に戻る。
これで、1周2.2㎞。

Oさんとお喋りをしながら走ったせいか、妙に1周が短く感じた。
(Lapを見ると、12分チョット)

その後2周ほどOさんと一緒に走ったが、Oさんは前回の美作で180㎞以上走った超人ランナー・・・着いて行けるはずもなくマイペースで進むことにした。

レースに向けて十分に休養したにも関わらず、何だか脚が重い。
なんとなくいやな予感がするが、まだペースは落ちていない。

【2時間経過】8位

2時間ごとに現在の順位と周回数が貼りだされる。

現在8位、既に入賞圏内(8位まで)に入っている。
が、実のところ、結構いいペースで飛ばしたつもりなので、もう少し順位は上だと思っていた。

まぁ、この時点の順位なんて気にするようなものじゃないけど^^;

カンカン照りの割りには空気が冷たいので熱中症は大丈夫だろうと思っていたが、2時間を越えた頃から少しずつ身体の異変を感じ始める。

調子がいいときは、2時間くらいたった頃からウルトラモードに切り替わり、身体が軽くなってくるのだが、今は疲労がドンドン蓄積していく感じ。

変に喉が渇き、周回ごとに控室に準備しておいたクーラーボックスのジュースを飲んだ。

まだ20㎞ほどしか走っていないのに、脚が妙にダルい。

「エネルギー不足か?」

と思い、用意していた栄養ゼリーを補給しても回復せず。

登り坂は歩くようにして、なるべく身体に負担が掛からないように進んでいたが、どんどん走る気力が削がれていく。

「ツ、ツライ・・・」

14時半を過ぎた頃だろうか、ついに控室に戻りクーラーボックスの上にグッタリ座り込んでしまった。
熱中症寸前・・・水分と塩分を補給する。

氷で顔や首筋を冷やしながら、10分ほど休憩した後に再スタート。

休憩の効果は殆どなく、強い日差しのせいですぐにグッタリ・・・。

「こりゃ、24時間走れないかも・・・」

と本気で考え始めた。
24時間マラソンに「リタイヤ」という概念はないので、あとはどこまで距離を伸ばせるか・・・。

「せめて100㎞は走りたいなぁ。」

なんて考えながら、それでも登り坂以外は歩くことはせず進んだ。

周回ごとに控室で5~10分程の休憩をしていたが、全く回復せず。

【4時間経過】8位

順位を見てビックリ。
あれだけ休憩しているのに、まだ8位を維持していた。

とはいえ、9,10位は同周で迫ってきている。
まぁ、抜かされるのは時間の問題だろう。

日が傾くにつれ、少しずつ暑さが和らいでいく。
暑さからの脱力感はマシになってきたが、脚は疲労で力が入らない。

「動けなくなったら、横になって寝よう」

と決めるものの、それでも脚はまだ動く。
正直、走るのをやめて今すぐにでもゴロンと横になりたかったが、なかなか限界がやってこない。

「走るのやめたい・・・家に帰りたい・・・・」

そんなことばかりが頭をよぎる。

そうこうしているうちに17時になり、アナウンスでお弁当の支給が知らされた。

ここが分かれ道。

お弁当を食べて休憩するか、みんながお弁当を食べている隙に距離を稼ぐか・・・。

迷いに迷ったが、とりあえず18時(6時間経過)まで走り続けて、その時の順位と体調によって休憩するかどうか決めることにした。

【6時間経過】6位

な、な、なんと順位が上がっている・・・なんで?^^;

やはり他のランナーもこの暑さにやられてしまったんだろうか。
そういえば、あのOさんでさえ暑さのあまり控室での休憩が多くなっていた。

もう今回のレースは上位入賞争いに絡むのは諦めて、24時間ノンビリ走って終わりたかったが、こうなったらもう少し頑張るしかない。

幸いにも、熱中症の症状は和らいできて、体調は良くなってきている。

お弁当を食べているランナー達を横目に、せっせと距離を稼いだ。

【8時間経過】5位

なんと、また順位が上がっている。
前半飛ばしていたランナー達が休憩に入ったんだろうか。

8

なんとかこの順位をキープしたいが、6位~8位との差はあまりないので油断はできない。

すっかり体調は回復し、身体に力が戻ってきた。
が、脚(特に太腿前)が異常に疲れている。
すでに18時間以上走ったかのような疲れ方だ。

原因はなんだろう?
昼間の不調ランの影響か、あるいは7~8月に山を走らなかったので脚の耐久力が落ちているのか。

疲れたときほどランニングフォームが大事ということで、フォアフット着地、腰の回転、腕振りをしっかり意識して走ってみた。
そうするだけで、地面からの衝撃が随分和らぐから不思議だ。

日は完全に落ちているが、気温は一向に下がらず。
涼しいナイトランを期待していたが、こりゃ熱帯夜になりそうだ。

【10時間経過】5位

たまに涼しい風が吹くが、やはり蒸し暑い。

控室は24時間の個人、リレーの部のランナーだけになってスペースが出来ていたので、荷物を移動し、寝転べる場所を確保。

が、まだ眠くはないので、せっせと距離を稼ぐ。
期待はしていたものの、ここまで体調が回復するなんて思わなかった。

ホント、ウルトラは諦めずに走り続けてさえいれば、何が起こるか分からないもんだ(笑)

【12時間経過】5位

やっと前半戦終了。
先はまだまだ長い・・・。

脚はすでに張ってきており、屈伸するのがキツイ。
太腿前の筋肉以外は、特に異常なし。

ここ1週間ほど調子が悪かった右脚ハムストリングも問題なし。

少しずつ涼しくなってきて走りやすくなてきた。
と思っていたら、ポツポツと雨が降り出し、気が付けば大雨に・・・。

【14時間経過】4位

また順位が1つ上がった。
現在4位、未知の領域だ(笑)

順位表を見ると、1位、2位はダントツの距離を稼いでいるが、3位以下はそれほど差はない感じなので、まだまだ分からない。

あまりの疲労のせいでどんどんスピードが落ちて来ていたので、着替えるついでに、休憩所で靴を脱いでゴロンと寝転んでみた。

寝転ぶのがこんなに気持ち良かったとは・・・。
少しだけ目を瞑り、夢現状態で15分ほど休憩。

これだけ休めば脚は回復しているだろうと期待しつつ再び走りだしたが、逆に筋肉が固まってしまい歩くことさえも辛い・・。

休憩して筋肉が固まるってことは、単なる疲労ではなく、脚の筋肉が壊れてきている証拠。

あと10時間・・・走りきれるんだろうか。

【16時間経過】4位

まだ、なんとか4位をキープ。
5位、6位の選手との周回差は広がっていない。つまり、そのランナー達もまだ走っているってことだ。

そういえば島根のOさん、調子が悪そう・・・随分長い時間横になったままだ。
大丈夫だろうか。

エイドでレモンやカットオレンジが出てきたので、横においてあった蜂蜜を掛けて食べる。
コレがメチャメチャ美味しくて、周回ごとの唯一の楽しみとなった。

【18時間経過】3位

順位が1つ上がって、なんと現在3位。

が、4位はあのOさん、朝6時前には再び走りだしていた。
完全に復活したようで、力強くコースを走っている。

この分じゃ、4位に戻るのは時間の問題(笑)

夜が明けたが、曇天のおかげで気温は上がらない。
雨はやんで、走るには丁度いい気候になってきた。

脚がヒドイことになってきていたが、ここは我慢するしかない。
痛みを堪えて懸命に前に進んだ。


【20時間経過】4位

予想通り4位に戻る。
5位との差は2周ほど。

僕が走り続けている限り、簡単には追い付いてこれないだろう。

この頃から、雨でふやけた足の裏が猛烈に痛くなってきた。
マメ防止に足裏にはテーピングを貼っているが、既に効果はなさそう。

無理して踏ん張ると。ズルっと皮が剥がれてしまいそうでコワイ・・・。

Ura
↑ゴール後に撮影した足裏。ふやけ過ぎて、皮全体が白く浮いていた。

【22時間経過】4位

5位との差をさらに1周開けた。
もう大丈夫。

22

既に脚が限界を超えている。

チョット休んだだけで筋肉が固まってしまうので、なるべく脚を止めないようにしなきゃ。

【23時間経過】4位

5キロの部、10キロの部がスタートし、コース上が一気に賑やかになった。

と、さっきからポツポツと降りだしてはいたが、一気に土砂降りに。

冷たい雨の中トボトボと走る。

「さ、寒い・・・」

ペースを上げれば身体も温まるのだが、もう脚は言う事を聞いてくれない。

震えながら走っていると、現在1位のランナーも震えながら歩いていた。

声を掛け合いつつ、前へ進む。

周回を終え、残り時間22分となった。
いつもなら、ラストは飛ばして22分以内に1周し、プラス1周の距離を稼ぐところだが、今はその気力も脚力もない。

これがラストの周回になりそうなので、誘導スタッフやエイドスタッフに、「ありがとうございました~」と、お礼を言いながら走った。

競技場に戻り、最後のトラックを走る。

あと200メートル程でこの苦痛から開放されると思ったら、何だかホッとして涙が出そうになった(笑)

ラスト50メートルほどになったので最後の力を振り絞りスピードを上げ、ゴールテープを切った。

【ゴール後】

記録証をもらおうと思ったが、大雨の影響で機械トラブルがあり、後日郵送ということになった。

もちろん、表彰式も無し・・・。

表彰式で、共に競い合った前後のランナーの顔を観るのを楽しみにしていたが、まぁしょうがないか^^;

最後まで本当に4位をキープ出来たか不安だったが、次の日早速大会のHPで順位の公表があり、4位だったことを確認できた。

距離は、72周走り158.4km。

目標の180㎞には全く届かなかったが、前半の絶不調を耐え抜き、4位まで上がれたことだけで今は合格としておこう^^;

【あとがき】

久々にレース中に大きな脚のダメージを負ってしまった。
原因は、レース序盤の熱中症もあるが、やはり7~8月の練習内容にあると思う。

真夏は「峠越え」の練習を避けて、少しでも距離を稼ごうとフラットばかり走っていた。
そのせいで、脚の衝撃への耐久力が落ちてしまっていたんだろう。

峠越えの練習、やはり大事だったんだと改めて認識できた。

後日、賞状、メダル、入賞の景品が届いた。

Picture

今年になって、赤穂100㎞の6位、美作24時間の5位、三木24時間の4位と入賞が続いているのがビックリ。

Medal

次の大きなレースは10月の四万十川100㎞。
目標である「サブ9」目指して練習頑張るぞ~!

« 第2回美作・後山24時間リレーマラソン(個人の部) | トップページ | 2014 萩往還マラニック 250㎞ 0 »

コメント

暑さの後は、☂ !
しかし、タフですねえ (>_<)

四万十、軽く感じません ? 、これだけ走られてたら !

>GDBさん

今回は、全然タフじゃなかったんです・・・順位こそ良かったものの、全然思うように走れませんでした(;´д`)

軽く感じられる大会なんてありませんよ(笑)
常にギリギリいっぱいです^^;

レースお疲れさまでした。
最近偶然、当ブログを見つけた次第です。同じ年齢なので注目していますよ。レース戦績をみて、その鉄人ぶりに感心しています。僕は四万十川に落選してしまいましたので来年の萩往還250キロでお会いできればうれしいです。
昨年の能登ウルトラのレース後にバス内で少し話をさせていただいたことを思い出します。

>がーこさん

ブログに訪問頂き、ありがとうございます^^
鉄人どころか、常にギリギリいっぱいなレースばかりで情けない・・・もうチョット余裕をもって走ってみたいです(笑)

萩250㎞参加されるんですね!
僕も既に申し込みを済ませてますので、お会いできるのを楽しみにしてます^^

あぁ、そういえばレース後のバスの中で誰かとお話した記憶が・・・^^;

ゆずぽんさんお疲れ様でした~。
今回は、本当に辛くって(体調も、天候も)、リタイアモードでした。
三木の24時間は初参加でしたが、コースとしては、すごく良いと思います。
来年、リベンジする???

>ナナクンさん

ナナクンさん、本当にお疲れ様でした^^

今回は、ある意味「美作」より辛かったですよね・・・・^^;

コースはすごく走りやすかったです!前回が前回だけに(笑)

モチロン!!来年は180㎞目指してリベンジしたいです。
ナナクンさんも、200㎞超目指してリベンジですよね??^^

友人にこのブログのことをきいて初めてお邪魔します。ゆずぽんっていう名前でブログかいてるひとって、多いんですね!coldsweats01やっと見つけました!happy02

僕は現在フルマラソンばかり狙って出場してますが、近々ウルトラの世界に入りたいなと思ってます。catface

ゆずぽんさんの記録、感動しました!shine
100kmだけじゃなくて24時間とかも出てるんですね。足の裏の映像、イタそうだとおもうけど、こうなるまで走る人もいてるんか~と感動です!crying

完走おめでとうございます!

これからも時々読みにきます!

応援してます!good

>セリースさん

わざわざ訪問してくださったのに、お返事とっても遅くなって申し訳ございませんbearing

24時間は、このレースが2回目なんですが、奥が深くてなかなか面白いです^^

鈍足な僕でも、気合で粘れば上位を狙えるのが嬉しいところ(笑)

足裏、自分で見ても気持ち悪いくらいでした^^;
でも、雨の日の250㎞はもっと悲惨なことになっていたので、その時よりは少しはマシかもしれません(笑)

応援、ありがとうございます。
セリースさんも、是非ウルトラの世界へお越しください!

一緒にウルトラを旅する日を、楽しみに待ってますね^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2回美作・後山24時間リレーマラソン(個人の部) | トップページ | 2014 萩往還マラニック 250㎞ 0 »