« 2015 萩往還マラニック 250㎞ 1 | トップページ | 2015 萩往還マラニック 250㎞ 3 »

2015 萩往還マラニック 250㎞ 2

【スタート】
2日18:08(18:09)
※(  )はPB(2013年)での通過時刻

第5ウェーブでスタート。例年と同じくらい。

「いってらっしゃい〜!気を付けて~!」と、たくさんの温かい声援に見送られながら、瑠璃寺前の坂を下る。

走り出しの感じ、悪くない。
身体も軽く自然とペースが上がる。

今回は前半飛ばすと決めているので、なるべく前方の集団で走りたい。
というのも、その方がエイドが混雑せず、ロスタイムが少なくなるからだ。

上郷駅までのフラットな道、いつもは足馴らしを兼ねてノンビリ進むのだが、今回はキロ5分半程のペースでどんどん前を行くランナーを抜かす。
町中では信号待ちもあって、なんとか第3ウェーブの集団にまで追いついた。

山口駅前出信号待ちをしていると、一人のランナーさんに

「ゆずぽんさんですよね?昼休みに毎日ブログを見てます!」

と声を掛けてもらった。
こうやって声を掛けてもらえることで、たくさんのラン友が出来たような気がして、なんとも嬉しい^^

この後もレース中に、何人ものブログを見てくださっているランナーさんに声を掛けてもらえた。
(本当にありがとうございますm(_ _)m)

歩道橋を渡り、川沿いの道に出る。

Img_0825

ここでもペースは落とさず、ズンズンと前のランナーを抜かしながら進んだ。

橋を渡って公園沿いの道に出ても、そのままのペースで前のランナーを追いかける。
ここまで来るとウェーブの集団はバラけており、どのウェーブまで追いつけたかは分からない。

例年このスタートから上郷駅までの区間では、「荷物を背負いながらも楽に走れる重心の位置」を探りながら走っているが、今年は普段の練習からあえて本番と同じくらいの荷物を背負って走っていたので、荷物から来る重心の違和感は全く無い。
あるいは、新調したベスト型のザックの効果も多少はあるかもしれない。

この川沿いの道は何度か車道を横断する箇所があるが、運良く車が途切れ、待ち時間なく横断することができた。

2つ目の車道を横断し、沿道の声援に手を振りながら通り過ぎた直後、

「ゆずぽ〜ん!」

後ろから呼ぶ声が聞こえた。
振り向くと、沿道から手を振っている方が・・・

「おぉ〜〜!!」

と手を振り返す。
目が悪いのでハッキリと顔は見えなかったが、2年前の萩250で何度もお会いした九州のNさんだった。

チームメンバーの応援に来たのだろうか、今年は出場していないようだ。

上郷駅手前、自転車道から離れて国道へ出る。
ここは過去何度も集団でコースアウトしている箇所。

僕自身、どっちが正規のルートか分からなくなっていた。

Img_1009

今年は説明会でも注意があり、白線もしっかり引かれているので、間違えずに進む事が出来た。

国道沿いに出て暫く進み、初エイドである上郷駅に到着。

時刻は19時23分、PBより6分早い。
(実際にはスタートタイムに1分の差異があるが、誤差なので無視・・・以後同様)

13㎞チョットで6分もタイムが縮まっている。
これは幸先がいい(笑)

【上郷駅】13.2㎞
2日19:23(19:29)

Img_0831

いつもより早めに到着したためか、混雑が少ない。
ドリンクを頂き、すぐトイレを済ませる。

パンを2個頬張り、ヘッドライトをセットしてスタート。
まだまだ序盤、エイドに長居は無用だ。

地下道をくぐり、町中を抜け暫く進み橋を渡ると、二本木峠へのアタックが始まる。

Img_1016

コース上、初の峠越え・・・といっても、このあと待ち構えている数々のキツい峠に比べたら、この峠は小高い丘みたいなものだ(笑)

Img_0833

ここまで来ると、あたりはすっかり真っ暗。
ヘッドライトで足下を照らしつつ、ペースは緩めずに前のランナーを抜きつつ坂を上った。

そういえばスタート前にあった軽い頭痛もすっかり治まっていて、体調もすこぶる良い感じ。
熱もきっと下がっているだろう。

少し勾配がキツくなってきた・・・峠は近い。

峠にある自動販売機が見えてきた。

「あれ?もう頂上?」

ペースアップしているせいか、何だか峠までが短く感じた。

〜二本木峠通過(20:07)〜

ここから湯ノ口エイドまでは丁度2㎞、ひたすら坂を下る事になる。

Img_1010

いくら前半はペースアップするとはいえ、下り坂で飛ばしすぎるのは禁物。
脚でブレーキを掛けなくていい程度のスピードで、慎重に坂を下りた。

さっき登りで抜かしたランナー達に、再び抜き返される。
まぁ競争ではないので、ここはマイペースを維持。

坂を下り終え少し進むと、エイドの明かりが見えてきた。
湯ノ口エイドだ。

時刻は20時18分、PBより17分早い。
すでに17分の貯金、しかも脚はほとんど使っていない。

ん、これは・・・もしかして絶好調?

【湯ノ口】21.8㎞
2日 20:18(20:35)

Img_0836

ここは簡易エイド。
ドリンクとバナナを頂き、すぐにスタート。

と、ここでアミノバイタル投入。
今後も20㎞毎に飲む予定だ。

ここから暫くは、車道沿いのフラットの道を進む。

Img_1011

十文字交差点て信号待ちをしていると、後ろからウェストポートだけの軽装のランナーが追いついてきた。
あ!っと思いゼッケンを見ると、やはり福岡県のHさんだった。

「Hさん!」

と、声を掛ける。
このHさんとは、美作の24時間マラソンで知り合いになった。
24時間マラソンでも、常に1位2位を争うランナーさん。

そして萩250㎞では、なんと過去数回30時間台前半で完踏されているというまさに超人。
もちろん今回もトップ候補の一人だ。

「やはり20時間台での完踏が目標ですか?」

と訪ねると

「狙っていきます!!」

と走って行った。
無駄のないフォームでの淡々としたペース、すぐに背中は見えなくなった。

Hさんとは、昨年の美作24時間マラソンの後半(19時間を経過した頃)に初めてコース上でお話しした。
その際に、ランニングフォームについてのチョットしたアドバイスを受けたのだが、それを軸にひと夏かけてフォーム改善し、それが秋以降の好調に繋がっている。

僕にとっては、スランプ脱出の恩人のような存在だ。

交差点の信号待ち中、ここでも

「ゆずぽんさんですよね?ブログ見てますよ!」

と声を掛けてもらえた。
(暗くてよく顔も見えないのに、見付けて頂いてありがとうございます^^)

Img_0838

〜十文字交差点 通過(20:36)〜

交差点から暫く進み、左折して自転車道に入る。
ここからは真っ暗な川沿いの道。

Img_1012

例年はこのあたりでは集団走だが、今年はペースが速いせいか、前後にはランナーがほとんど居ない。

真っ暗は道を、ヘッドライトと、はるか前方に見えるホタル(大会で配付の安全用チカチカライト)を頼りに進む。

と、ここである違和感が・・・何かが足りない・・・。
そう、あのいつものカエルの大合唱が聞こえないのだ。

数年前にも同じような事があったが、その時は気温が低いのが原因だった。

今日はそれほど寒くも無いのに、「ゲロゲーロ!(頑張れ!)」といつものようにカエル達が出迎えてくれないのは、何だかちょっと寂しい(笑)

自転車道を1㎞ほど進むと、暗闇にエイドの明かりが浮かんできた。

下郷駐輪場エイドに到着。

時刻は20時56分、昨年より23分早い。

【下郷駐輪場】27.8㎞
2日 20:56(21:19)

Img_1008

ドリンクを補充し、チョコレートを頬張りながらすぐにスタート。

次のエイドまでは4㎞チョットしかない。
目的地が近いのは精神的にとっても楽だ。

Img_10131

そうそう、僕はこの250㎞では、小刻みに目的地(エイド、峠、交差点など)を決めて、とにかくそこまで走る事だけを考えるようにしている。
「ゴールまであと〇〇○㎞」なんて考えてしまうと気が滅入ってしまうので^^;

エイドの800mほど手前に分岐有り。
ここは2年前、集団でコースアウトしたことのあるポイントだ。

普通に自転車道に沿って「左折気味」に走っていればコースアウトすることなんて無い場所なのだが、とにかく真っ暗で道の分岐が見えにくこともあり、その時は道を間違えた集団の先頭ランナーに、何の疑いも無く着いていってしまった。

しかも道を間違えた先頭のランナーさん、なんと萩往還のコースマップを作っているお方^^;

この時はすぐに気が付いたおかげで笑い話で終わったが、やはり人に頼らず自分でコースを読む力が必要なんだなぁと改めて思った出来事だった。

なんて回想に耽っていると、気が付けばエイドのある高架下に到着していた。

Img_0844_2

時刻は21時25分、PBより28分早い。
ジワジワと貯金が増えている。

この調子でいけば、新大坊あたりで1時間ほどの貯金が出来るかも・・・出来たらいいな・・・。

【美弥高校前】32.0㎞
2日 21:25(21:53)

Img_0846_2

このエイドでは毎年楽しみにしているモノがある。
そう、「はちみつレモン」だ。

早速、エイドテーブルの上に置かれたタッパを探す。

「あれ・・・無い・・・」

ここまで走りながら楽しみにしていたはちみつレモンは、今年は無かった。

残念に思いつつも、仕方ないのでドリンクを補充し、エイドを出発。

と、ここでスタートから一度もストレッチを行っていない事を思い出し、屈伸や前屈をしてみた。
例年よりペースを上げて既に30㎞チョット走っているにも関わらず、全く張りや疲労感は無い。
まだまだこのペースを維持できそうだ。

さて、ここから次のエイド(西寺交差点)までは12㎞。
しかも途中、アップダウンがいくつかある。

目標地点が10㎞を越えるとすごく遠く感じるので、ここでは車道区間である「門村分岐」までの5.8㎞と、そこから西寺交差点エイドまでの6.2㎞と、分割して考えるようにしている。

Img_1013

エイドを出発してすぐに、道の反対側(左側)にコンビニが見えてきた。
何人かのランナーがコンビニ前で休憩していた。
食事の出来る豊田湖畔はまだまだ先なので、腹ごしらえでもしているんだろうか。
(トイレに不安があるときは、ここで借りておくのがいいかも)

車道沿いの道を進む。
このあたり、軽い傾斜の登り坂になっており、ちょっと気を抜くとペースが落ちてしまう。

例年なら、このあたりで疲労回復をかねてペースダウンし歩きを多少入れるが、今回はペースを維持して走っている。

これくらいの坂なら、疲労したとしてもすぐに回復できるはず。

気が付けば2人のランナーと縦列状態になっており、無言のまま何度か先頭交代しながら進んだ。

橋を渡り暫く進み、門村の分岐点に到着。
(今年は誘導員は居なかったが、白線がハッキリ書かれているため、よっぽどの事が無い限り見逃す事はないだろう。)

ここを左折、西寺までの6.2㎞、アップダウンを越えなければならない。

Img_1015

前後にランナーは居らず、ホタルもヘッドライトも見えない。

初参加だったら、これだけでコースアウトしてるんじゃないかと不安になりそう。
が、さすがに6回目ということもあって、ここは見慣れた景色。
黙々と坂を上る。

峠を越え、下り坂になる。
ここまで来ると、西寺エイドは近い。

エイドの目印である「ガソリンスタンドのオレンジ色の光」を遠目に探しながら坂を下っていると、いつの間にか坂を下り終え、気が付けばエイドは目の前に迫っていた。

Img_0848_2

エイド手前に仮設トイレがあったがパス。

ついに西寺交差点エイドまで来ることが出来た。

僕の中では、西寺まではウォーミングアップ。
ここに来て初めて「ついに始まった〜!」という気分になれる。

時刻は22時44分、PBより41分早い。

な、なんと、美弥高校前から西寺までの12㎞で20分近くも貯金を増やす事が出来た。
逆に言うと、例年はこの区間でかなりペースを落としていたってことか・・・^^;

« 2015 萩往還マラニック 250㎞ 1 | トップページ | 2015 萩往還マラニック 250㎞ 3 »

コメント

あれ?美弥高校前エイドに、ゆずぽんさんの20分後ぐらいに到着しましたが、はちみつレモンありましたよ。高架下だったのでよく覚えています。美味しくいただきました。
(*^^*)
まだ全部の準備が間に合っていなかったのかもしれませんね。早すぎるデメリットもあるんですね(笑)


>すももパパさん

な、な、ナント!!
はちみつレモンあったんですか〜!!

見落としたのか、まだ準備されていなかったのか・・・ずっと楽しみにしながら(食べ方まで想像してました 笑)自転車道を走ってたので、ホントにガックリしてました^^;

来年、もし早く到着したときは、「はちみつレモンありますか?」って念のため声を掛けてみようと思います(笑)

お久しぶりです!九州のNです♪
スタート前は見つけられなかったので諦めてましたがお会い出来て良かったヾ(*´∀`*)ノ
2年前からさらに磨きをかけて…まさに
『萩のスペシャリスト☆』って感じの貫禄でしたよ!少し暗くなりかけてましたがそのオーラでゆずぽんさんだと気づきました(o>ω 今年は例年よりもかなり過酷な条件だったにも関わらず見事に完踏!!おめでとうございます☆
今年の完踏記も楽しみに♪o(^o^o)拝見させていただきます…そして私もまた再び挑む時に
またまたお世話になります♡

>Yuko-Nakashimaさん

ありがとうございます^^
あの時は、元気な声を聞いてすぐにNさんって分かりましたよ!

オーラだなんてとんでもないです・・・相変わらず、ギリギリの戦いをしています^^;

ホント、また萩250㎞のコース上でお会いできる日を楽しみにしていますね!
次はもちろん、リラックマの着ぐるみですよね?(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015 萩往還マラニック 250㎞ 1 | トップページ | 2015 萩往還マラニック 250㎞ 3 »